a-su-v_v’s blog

子育て中です(´-ω-`)

出産

そして旦那さんはかなりのフルタイム&残業の会社に勤めていたためとりあえず遅い帰りを痛みに堪えながら待つことに。

その週は土日休みにしていたためちょうど良く金曜日の夜です。

 

んもーかなり痛くてー

旦那さんが私の実家に帰ってきました。

私が

ヴーヴーと声を出して痛みに堪えてるの初めて見たのでちょっとビビってましたが経験もないため逆に余裕ぶちかましてますぐらいの態度だったんです。笑

 

そして旦那さんご飯食べてから病院へ

 

それからが本陣痛でしたね!

んもー順調に子宮口は八センチまで開きました!

順調っていうのはあくまで子宮口の話で私の痛みに順調はありません。

 

子宮口八センチまでの間に

旦那さんの寝落ちが私を不安にさせました。笑

1週間ずっと働いた旦那さんの疲労はマックスへ

夜中悶える嫁より自分の眠気が四方八方から襲ってきて

陣痛に堪えてる嫁なんてどうでもよくなる。これは生理現象ですから仕方がないのです。

私はとりあえず少しでも寝てもらって、もっと頼りに出来る通常の状態に戻って欲しいわけですよ!

もー助産師さんがたまに来てくれて背中摩ってくれると神様が来た!と言わんばかりに安堵感がっ。

 

ほんとピンポイントでさすってくれるわけですよ!

旦那さんのさすりとはほど遠いわけですよ!

 

だんだんテニスボールがないと

お尻から何かが出てきそうになってんもーテニスボールを拳でぐっと押してもらわないと堪えられなくなってきてるわけですよ。

そんな中旦那さんの寝落ちしながらのテニスボールはんもー頼りないったらありゃしない。旦那さんと握力に限界が。笑

 

やっと、朝方

誰か家族を呼んでくれと、旦那さんにせがみました。

なぜなら?

旦那さんはもう疲れ果て頼れる人がいないから。笑

 

とにかく誰かがくるのを待ちわびていました。わらへもすがる思いとは、このことです。